本が書いた本『本書』 人が書いた本『本書』

       宙↓ >> もくじ的な文章は、ボタンとなってますのでクリックできます。

もくじ的表象  



仕様説明

  カバーデザイン詳細
  目次の出現 



ココロミ
  文学
  哲学
  政治
  科学
  感情

  仕掛け



POPギャラリー 

映像作品







 

縦線

ふたつのカルタ
連奏の星空    檸檬 白鳥 

あゆみ 一学期 二学期 三学期
日記 感想集め  ほんしょちゃん


平成二十八年 お正月かるた会
 


本書導入映像   縦線


感想
拡張性チラシ 出版ロケット 哲学は進化の傷口から 日本の熱き志しを伝えよう 小さな命の物語


生まれ落ちた



本書  。  は、


歌人や科学者、天皇、サムライ、法師、こどもたち、 芭蕉や一茶、漱石、鴎外、海舟、作者らと
共に言葉を紡ぎ、遊び、拡散させた、いまだかつてない世界観で、未来のあなたを圧倒するぅ。
予言

「言葉」自身が自己を持ち、その視点で語られる本書は、 あたかも詩的な哲学書のよう。
デザイン性、アート性なども追及した比類なき作品。
感想

日本古来の伝承、文献、推理と発表が網羅され、 ミクロの発動感覚を呼び覚ますかのように、
本書全体が独自の言語技法によって舞台化されているため、
形の見えないアメーバが細胞に染み渡るように、 太古の海の、さざ波のように、生命の記憶の地図を辿り、
大空を渡る鳥が町を俯瞰し、次の町を目指し、 空から空へと永遠に旅をするように、、、
様々な角度から、どこからでも自由に読み進めることができる。
仕組み


取り扱い、読み方、感じ方、自由。

書籍『本書』本書 著 240ページ

お歌